デザインが全く同じでも、作る素材が違えば雰囲気や使い心地、価格等は違ってきます。素材それぞれがもつ特長を知れば、自分に最も合ったデザインに一歩近づきます。福岡・佐賀のオーダーメイドアクセサリー・ジュエリー専門店「ファクトリーエデン」で取扱っている素材は、数多く存在するシルバーアクセサリー、ジュエリーの貴金属の中でも最もベーシックなものを使用しているため、永く使用してもメンテナンスで困ることはないので安心です。

写真:SV925リング

SV925 シルバー

シルバーは空気に触れると次第に黒っぽくくすんで変色しますが、それが「味」となったり、使っていく上での細かなキズが鈍い光沢を醸し出し、いい風合いとなって、よりいっそう愛着がわきます。シルバーのくすみを生かした重厚感のあるイブシ加工も人気の仕上げです。

写真:K18YGリング

K18YG イエローゴールド

ゴールドは、プラチナに比べると硬く軽いのが特徴。欧米では結婚指輪として使われている素材の多くがゴールドです。美しい発色で、存在感のある指輪にしたい方におすすめ。近年では金相場が高騰しているため、価値も高くなってきています。

写真:K18WGリング

K18WG ホワイトゴールド

パラジウムを10%加えた「シャンパンゴールド」、パラジウムを20%加えた「ホワイトゴールド」からお選びいただけます。プラチナ色と同じにするロジウムコーティングを施す場合と、素材そのものの色合いをそのままに仕上げる場合と、お客様のご希望に応じております。

写真:K18PGリング

K18PG ピンクゴールド

イエローゴールドよりも赤味を帯びており、ピンクがかった華やかな輝きが美しい素材。上品で可愛らしいイメージの指輪にぴったりです。日本人の肌にも馴染みやすい色合いで、素材で個性を出したいカップルにおすすめです。

写真:Pt900リング

Pt900 プラチナ

プラチナは白金とも呼ばれ、日本では婚約指輪・結婚指輪で最も多く使われる素材です。ファッションやシチュエーションを選ばず、飽きが来ない色合いがポイント。また、希少性も高く変質しない為、美しさを維持できる永遠性が人気の最大の理由です。

誕生石

天然石にはそれぞれのパワーが秘められていると言われています。デザインのワンポイントに取り入れるのも人気のオプションです。誕生石は下記の他にも様々なパターンがありますので、ご希望の石がある場合はお気軽にご相談ください。

写真:1月の誕生石

1月 ガーネット

身を守り、幸福をもたらしてくれます。又、地道な努力を実らせ、成功へと導いてくれます。

写真:2月の誕生石

2月 アメジスト

男女間の深い愛を表す石とされ、誠実や勇気を与えてくれます。又、持つ人の隠れた魅力を引き出すとされます。

写真:3月の誕生石

3月 アクアマリン

海に棲む精の宝物が浜辺に打ち上げられたものと伝えられ、心を平和にし若さを保つと云われています。

写真:4月の誕生石

4月 ダイヤモンド

不屈の意志、威厳と富、純粋さ、そして不変の愛を表わすとされ、又、邪悪なものを全て払いのける強い力があるとも云われます。

写真:5月の誕生石

5月 エメラルド

平和・繁栄そして、不滅の象徴。一般には病気除けの護符として用いられてきました。

写真:6月の誕生石

6月 ムーンストーン

この石を持つと安全な旅行が保証されると信じられ、又、目の力を持つため、人に予知能力を授けるとも信じられています。

写真:7月の誕生石

7月 ルビー

エジプトでファラオの笏に埋め込まれていたことから、威厳・力・王位を表わし、又、その色から健康や活力、勇気を表わすとされます。

写真:8月の誕生石

8月 ペリドット

落ち込んだり、恐れを抱いたりと言った「心の暗闇」を明るくする力を持ち、明るい未来へと導いてくれます。

写真:9月の誕生石

9月 サファイヤ

ソロモンの封印やモーゼ律法の2枚目の石版はサファイアで出来ていると云われ、良心・希望・純粋そして誠実さを表わすとされます

写真:10月の誕生石

10月 オパール

希望・自信を象徴し、思考を純化し、無垢を守るとされました。古代ローマ人はキューピッド石(恋愛をとりもつ石)と呼びました。

写真:11月の誕生石

11月 トパーズ

十五世紀頃、疫病や伝染病の予防にきくと考えられ、ローマ時代には医者が傷の治療に利用し、視力の回復効果があるとされています。

写真:12月の誕生石

12月 タンザナイト

知性や意識を高める石で、意識の次元を上げて物事を成功に導くとされ、風水ではステータスを上げて、財運を上げる力をもつとされています。

ダイヤモンド

当店では、0.15ct以上のダイヤモンドをセットしたジュエリーをつくらせていただいた場合は必ず下記の基準を明記した、第三者機関により発行される「 専門機関による鑑定書」をお付けしております。ダイヤモンドについて詳しい知識が無い方でも、お客様のご要望やご予算に応じたダイアモンド選びを当店にてお手伝いさせていただきますので、どうぞご安心ください。

Carat カラット

カラットとは重さをさします。1カラットは0.2gです。カラットとはダイヤモンドの重さのことで、本来大きさのことではございません。ただ、重くなると当然大きくなるので、一般的にはよく大きさと表現しています。

※下記の表の大きさはモニターにより原寸大で表示されないことがありますのでご注意ください。

ダイヤモンド0.15ct ダイヤモンド0.25ct ダイヤモンド0.3ct ダイヤモンド0.5ct ダイヤモンド1.0ct
0.15ct
3.4mm
0.25ct
4.1mm
0.3ct
4.3mm
0.5ct
5.2mm
1.0ct
6.5mm

Color カラー

ダイヤモンドは無色に近いほど希少価値が高くなります。GIA(米国宝石学会)D~Z23階で表されます。

D E F G H I J K L M N O P Q R S T U V W X Y Z
Colorless
無色
Near Colorless
ほとんど無色
Faint Yellow
わずかに黄色味
Very Light Yellow
非常に薄い黄色
Light Yellow
薄い黄色

Claryty クラリティ

ダイヤモンドの透明度・含有物などの程度のことです。天然のダイヤモンドに含まれる内部の含有物量と外側のキズによって、11段階に評価されます。

F IF VVS1 VVS2 VS1 VS2 SI1 SI2 I1 I2 I3
内・外部とも内包物なし 内部内包物なし 10倍拡大で発見困難な内包物 10倍拡大でやや発見困難な内包物 10倍拡大で発見が用意、肉眼では困難な内包物 肉眼で発見が容易な内包物

Cut カット

ダイヤモンドの輝きは、優れたカットによって最大限に引き出されます。カットはダイヤモンドの全体的な形のバランスと研磨の状態を表しています。カットのグレードは以下の5段階によってランク付けされます。

3EX H&C EX H&C 3EX EXCELENT VERY GOOD GOOD FAIR POOR
最高級 最高級 最高級 最優良 優良 不可